忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去年の12月にひょこっと大きな綺麗な猫さんが団地の下に行きかう人の足元に寄っていました。

すぐにわかりました。

「ああ。捨てられたんやね。」

私がしゃがみこむと、その子はぶるぶる震えてました。

最初は、見てみぬふり。

でも、やはり、動物が好きな私としては、どうにかしてやりたいと。

これをきっかけに、猫が好きになったといってもいいくらい。

わたしは、ただの動物好きで、動物の生態、動物の知識など、何にも無かった。

いまだに、ですが。。

団体の詳しい人に聞いてみた。なんとかしてやりたい。

色々聞いて、やっと分かった。
その子は、男の子で、虚勢が済んでいて、写メで送っただけでもわかった。

「捨てられたんやね。」

他のノラ猫さんも沢山いるなかで、綺麗でした。

しかも、体が大きく、すぐに名前がつきました。  大五郎。

TNRをはじめたのは、今年5月からでしたが、去年の12月から、私に懐いてもらって、絶対捕まえて、いつか、温かい本当のおうちを探してやりたい。

そう思って、今日までやってきました。

その子は今言ったように、去勢は済んでいた。なので、捕まえる日まで、準備。。。

去年の冬は、手製のダンボールで過ごしてくれました。

でも、今年、団地の自治会長より、「防犯上置かないでほしい。これを許したら、沢山ダンボールが置かれるかも知れないので辞めて。」と厳しいお答えが。

どうしよう。実行に移す日が近づいてきたか。

他の人は、「きっと猫は頭いいから、どこかで温かくして寝てるよ。」

私は、そこを言ってるんじゃない。

この子が捨てられたその日から、人間に対する恨みが増えていくのは嫌だ。

もし、私が無理やり、捕獲して、失敗して、また人が嫌いになったら、どうしよう。

でも、ぜひとも、温かい生活で、あたたかい愛情で、一生ここにいていいんだね。と安心してもらえる里親さんをいつか探してやりたい。

本当に、正直デリケートになってしまいました。

でも、一年間、勇気が出なかっただけかもしれない。

でもでも、今なら、信頼関係が出来ている気がする。

団体のスタッフさんに相談してみた。

すると、とても快く、お部屋を貸してくださることとなった。

本当にありがとうございます。私の実家は動物を新たに飼ってはNG

とても嬉しかったです。

昨日、ようやく実行に移せる日がやってきました。

一日一回の餌やりでとてもお腹をすかせている所を、少し大きめのキャリーに誘導し。。

初めは、(なにするの~??!)と言ったような、ウニャーーン。。と鳴き声を出されましたが、
何とか入り口をふさぎ、そのまま病院へ検査。

連れて行くスタッフのお宅は、猫、犬沢山おりまして、病気があれば困るので、全て調べてもらいました。

すると、口内炎はあるものの、エイズ、白血病、血液すべて、クリア。

こんなに、健康な捨て猫いないですよ。と、病院の先生のコメント。

また、病院内でも、一言も鳴き声無く、暴れることなく、とても大人しく、こっちがびっくりするくらいです。

そして、すぐスタッフのお宅へ。

大五郎自身、ストレスがかかっていると思うけど、本来の姿に戻ってもらう為。。

(本当にごめんね。)

でも、一晩過ごして、私は一旦自宅にもどり、心配だったので翌日スタッフのお宅へ。

すると、この顔です。


今はまだ、慣れてもらうまで、隔離です。

なれたら、3段ゲージから、フリーにしていただくつもりです。

大五郎、ごめんね。もう少し待っててね。

それから、暖かい里親さん、必ず探すからね!!


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]